採用インタビュー

ケアハウスちとせ深山 千博 Miyama Chihiro

介護職員/13年目

「年を取ること」を学ぶ場。

<介護業界に入った経緯>

以前は別業界のパートで働いていました。介護は低賃金のイメージを持たれやすいですが、私は全く逆で、むしろ安定的な収入でフルで働ける、という面から介護の世界を選びました。
介護は資格がないと働けないのかと思っていたのですが、ここは無資格でもやる気があれば受け入れてくれる体制があったので、新たな挑戦として思い切って飛び込みました。そこからがむしゃらに打ち込み始めているなかで、ここなら続けられると感じ、もっとご利用者のためにできることを考え介護福祉士の資格を取り、今に至ります。やはり資格を持つと任される仕事内容が変わるので、仕事に対する向き合い方や責任感はそれに伴い変わったなと思いますが、ご利用者のためにできることが増えたり、相手の病気の状態などを深く知り行動に移すための知識が増えたりしたのは、資格をとって良かったと思う瞬間です。

<ちとせの介護への想い>

ちとせで働くまで、私は身内以外の高齢者と接する機会というものはありませんでした。なので、認知症の方との接し方には最初は正直戸惑いました。ただ、私のなかで高齢者は内にこもってしまいがちなのかと勝手に思っていたのですが、実際はそんなこともなく、皆さんよく笑うしよく話すし楽しいことが好きだし、生き生きとされている方が多いなと感じるようになり、積極的に接しているうちに、認知症というハードルはなくなっていました。 施設で働いていると「年を取るというのはこういうこと」と、ご利用者から教えていただいているような気がします。こんな経験ができるのはこの業界以外になかなかないと思いますし、貴重な経験をさせていただいています。

<働くスタッフについて>

このケアハウスでは働くスタッフは主婦が中心となっています。なので、皆で協力し合うことがとても大切なので、連絡を密に取り、協力しながら働けています。主婦が多いからこそ分かり合える部分も少なくないので、そうやって協力し合えるところがちとせの魅力の一つだなと思います。

<今後の目標>

千歳会をもっと地域の方に知っていただけるようにしたいと思います。 どうしてもケアハウスの様子というのは外からは分かりづらいとは思いますが、どんな雰囲気なのか、どんなところなのかを知っていただいて、入居者が1人でも多くなるようにしていければと考えています。また、介護を受ける対象者の世代が変わってきており、これまでとはまた違った介護を提供していく必要があるかと思います。そういった面でも、地域に根差した施設となれるようにどうやって発信をするかが今後の目標と課題になるかと思います。

特別養護老人ホーム ちとせ小町小澤 良一 Ozawa Ryouichi

ユニットリーダー/3年目

ホテルのような施設にしたい。

特別養護老人ホーム ちとせ小町乙武 陽 Ototake You

ユニットリーダー/6年目

「楽しそう」から「楽しい」への変化。

デイサービスセンター ちとせ山田 貴彦 Yamada Takahiko

介護職員/3年目

人のためになれる仕事。