採用インタビュー

デイサービスセンター ちとせ山田 貴彦 Yamada Takahiko

介護職員/3年目

人のためになれる仕事。

<介護職となったきっかけ>

祖母が以前股関節を骨折して歩くことが不自由になり、家族介護が必要となったことが、私が介護と関わりをもつきっかけでした。家族での介護には限界があり、デイサービスやショートステイを利用するようになったときに、それまで気にしていなかった介護施設の重要性を知り、介護という業界に興味を持ち始めました。
昔は公認会計士になろうと国家試験の勉強をしていたので、正直自分が介護の世界で働くようになるなんて考えたことがありませんでした。しかし祖母の介護を通じて“人のためになれる仕事”ということが自分のやりたいことへと変わっていきました。介護の世界に入る前は介護の仕事はきつい・大変そうというイメージを持っていましたが、ここで働くようになり、もちろん介護度の高い方の場合は体がつらいこともありますが、ご利用者にはいつも優しく接していただいているので、毎日楽しく仕事に取り組めています。

<介護の仕事を続ける理由>

“お礼を言っていただける”というところが私のなかでは一番大きいです。他の仕事をしていてもお礼を言ってもらえる機会はもちろんありますが、これだけ毎日多くの方に言っていただけて、相手のために何かができていると感じられるのは、介護ならではの働き甲斐だと思うんです。認知症の方だと自分のことすら覚えてもらえないなんてこともたくさんありますが、それでも根気よく接し続けていると優しい言葉を掛けてくれることもあって、そういったところが仕事を続けている理由に繋がっていると感じています。
私は、今はデイサービスがメインですが、ケアハウスで働くこともあります。それぞれ施設ごとに特徴は違いますが、顔なじみになってくると声を掛けてもらえるようになりました。大家族のような感覚ですね。自立度が高い方が多いので、いつも色々なお話をしています。

<スタッフ同士で心掛けていること>

デイサービスの方でいうと、全部をスタッフがやってしまうのではなく、自立支援の一環でできることはご利用者自身でやっていただくようにしています。ご利用者の自発性はできるだけ引き出し、尊重したいと思っていますし、だからこそスタッフ間の情報交換も大切です。仕事中はもちろんですが、休憩中もご利用者のことについては意見交換や情報の共有をしますし。プライベートなことで盛り上がったり、ご利用者のことで真剣に話したり、その時々で色々な話をしていますが、そういうメリハリもここの良さかなと思います。

特別養護老人ホーム ちとせ小町小澤 良一 Ozawa Ryouichi

ユニットリーダー/3年目

ホテルのような施設にしたい。

特別養護老人ホーム ちとせ小町乙武 陽 Ototake You

ユニットリーダー/6年目

「楽しそう」から「楽しい」への変化。

ケアハウスちとせ深山 千博 Miyama Chihiro

介護職員/13年目

「年を取ること」を学ぶ場。